のぶ兄の今夜も夜更かし

Vol.3日奈久ゴリ子のワクドキ?ナッセTV

その他の記事はこちら

感動コーディネーター「のぶ兄」のTVでは言えない話

第三話 プランナーの持ち込みはご法度なんですかね?

楽しいだけが結婚式じゃない

先日、面接をしていて驚かされたことがあります。TVの影響でしょうか、「若い時しか出来ないから」と応募して頂いたのですが、プランナーって人生を重ねる程に円熟味を増し素敵なアドバイスができる仕事、女性が長く活躍できる職場だと思っていただけに、感覚の違いに戸惑いました。
しかし、改めて周りを見渡すと確かに若い子ばかり。新卒が2、3ヶ月の研修を経てプランナーになりました≠ニいった感じの人ばかり。新郎新婦さんも同世代が相談し易いのかもしれませんが、一生に一度のことだけにそれで良いのかと多少心配になります。形骸化した形式ばかりを重んじるのも良く有りませんが、古き良き伝統を全く無視してしまうのもどうかと思います。伝統と革新、これがバランスされた結婚式が理想的でしょう。
結婚式は単なるパーティーや飲み会とは違い、お客様をご招待して行うもの。ご招待するゲストの中には、今までお世話になった恩師から、将来を左右するかも知れない職場の上司まで様々な方がいます。ちゃんとしたおもてなしが大切で、ある種の接待といっても過言ではありません。また、家と家との結び付きの儀式でもあり、親戚一同に新たな家族を紹介し、気に入って貰わなくちゃいけません。だからこそ自分達目線だけではない客観的なアドバイスも必要なのだと思います。
新郎新婦が楽しむことは勿論大切ですが、駆けつけて頂いたゲスト、ご両親や親族にも満足して頂かないと折角の結婚式の意味がありません。多少億劫でも人生経験豊富な先輩のアドバイスも有効ではないでしょうか。

プランナー選びも大切なポイント

結婚式を語る上でプランナーの存在は大変重要。確かに何処でやるかも大切ですが、誰とやるかも同じ様に、いやそれ以上に大切かもしれません。
例えば、髪を切るのに、何処のサロンを選ぶか考えますよね。天神のかっこいいインテリアのお店とかに行きたいし、そういうところで髪を切るとテンションも上がって心もウキウキしちゃいます。でも、肝心のスタイリストが下手だったら、がっかりですよね。好み通りにカットしてスタイリングしてくれて、初めて満足できるというもの。そう!お店も大切ですが、本当に大切なのは実際に髪を切るスタイリストってことです。
ブライダルも同様で、どんなに会場が素敵でも実際に結婚式を作るスタッフが良くなければ良い結婚式にはなりません。特に全ての要になるプランナーの存在は大切で、結婚式のクオリティを左右することを覚えておきましょう。いいプランナーさんに出会えることが、いい結婚式を実現するカギになります。

プランナーは自分達で選ぶ時代?

そもそも海外のホテルにはプランナーっていません。パーティーをする場合、簡単なものならホテルのマネージャーに、手の込んだものならフリーのプランナーに頼むのが一般的。では何故日本では会場にプランナーがいるのでしょう。 もともと日本にはパーティー文化がなく、フリープランナーが職業として成立し辛かったのと、プランナーを自社化した方が何かと都合が良かったからでしょうね。プランナーを社員として雇えば、コストダウンが可能で効率もいい、何より自分達が売りたいものを売れる。お客様をコントロールしやすいからでしょう。
その一方で、多くの知識や経験を必要とするプランナー業務を社員に習得させるには沢山の時間や経費が掛かる。一つのパーティーを作り上げるには、会場装飾やお花、ドレス、音響証明、さらにはお料理についての知識や配膳まで様々な知識を必要とします。これを全部マスターするのは本当に大変なこと。
それを解決したのが協力会社による分業制です。餅屋は餅屋、専門家にお任せする。とても良いことなのですが、プランナーがしっかりしていないとまとまりが無くなったり、効率ばかりを追求しワンパターンになって個性が無くなったりしてしまいます。近頃、プランナーとは名ばかりで専門スタッフへのアポ取りしかできない人も多く見かける様になりました。
会場付きのプランナーでは中々面白いことが出来ない、自分たちがしたいことが実現できないと、よりオリジナリティを求めるカップル達がフリープランナーを探す様になってきたのはその為でしょう。

フリープランナーって意味あるの?

確かに会場付きのプランナーさんに依頼すれば無料ですし、一見なんの変哲もない感じもしますね。わざわざお金を払ってまでフリープランナーに依頼する必要ってあるのでしょうか? フリープランナーさんにお願いするメリットは大きく3つあります。
先ず、自由度が増す。会場が用意するプランは福袋的で要るもの要らないものが混ざっています。そのままならお得でも、お二人の希望に合わない場合もあります。フリープランナーの場合は全て0から組み立てるので自由に出来ることがメリットでしょう。次に専門的なアドバイスが受けられる。人にもよりますが、専業でやられている方なら経験も豊富です。結婚式は昔から受け継がれた儀礼的な要素も多く、専門家の経験や知識はとても役に立ちます。最後に予算を適正化出来る。第三者的な立場でアドバイスしてくれるので、予算を一番お二人の希望に合う形で配分してくれます。会場付きの場合、会場側の思惑が働く場合があるのも事実です。
一般的にいうとプランニングフィーは25万円程度からあるようで、一生に一度って考えたら安いかもしれませんし、全体予算で考えたら費用捻出も難しくはないのかなとも思います。数ヶ月間に及ぶ結婚式の準備を考えたら、寧ろかなりお安いかもしれませんね。
ただし、フリープランナーは信用力に欠けるのが欠点。キチンとした資格制度がある訳でもないし、言ってみれば誰でもなれてしまうので、色んな会場で経験を積んで来た方もいれば、少しかじった程度の人もいます。フリープランナーを選ぶ時は慎重にやらないとそれこそ高くついてしまいますのでご注意を。

その他の記事はこちら